恐怖の心霊写真館 心霊とは何か?超常現象とは?霊魂とは?

注意事項:心臓の弱い方や霊に取りつかれやすい方の閲覧は禁止します。

 

そもそも心霊とは何か?超常現象とは?霊魂とは?
いったい何?

詳しいことは分らないのでウィキペディアより抜粋してみました。


心霊写真はなぜ写るのか?霊魂・超常現象・心霊とは?



心霊現象とは?


心霊現象 とは超常現象のうちで、とりわけ霊魂が起こしている、ともされることが多い、霊魂が起こしていると思われるものをいう。

逆の言い方をするなら、「超常現象」の中でも、心霊を研究する立場から、霊が介在していると推測される現象を限定的にそう呼ぶことが多い。

霊の介在によって生じたとも考えられいるので、一般的な自然科学的な知識では説明できない現象のことである。


最も分かりやすいものは、「霊的存在の目撃談」の内容に含まれる情報である。しかし、これらは体験者の経験談がほとんどで、自己暗示の勘違いも多い。

一般に、生きている人間が目に見えない霊的存在にとり憑かれる、あるいは霊的存在に体内に入り込まれるとされる現象を、憑依(ひょうい)現象という。その結果、入り込まれた者の性格や態度が急変したり、体調に異変が起こり、事故に遭い易くなり、怪我が多くなる場合もあるとされる。 これらは、憑依されたとする者の主観的経験や親告、一般的に霊能者と呼ばれる者の主観的判断や主張に拠るところがほとんどのため、研究対象として客観的証拠が乏しいなどの欠点があり、単なる思い込み、一種のヒステリー状態やノイローゼ、催眠術や自己暗示などとの見分けもつきづらい。

その他、心霊を研究する立場から研究対象とされている各種の不思議現象を含めてこう呼ぶこともあり、物理化現象と呼ばれることも多い。(注;ここでの「物理化現象」とは、物理学やそのカテゴリーでの用語とはほとんど無関係である。)以下、代表的な現象を数例挙げる。

  • ここで挙げた霊的存在の介在により、手を触れずに物体が動き、建物の振動などが起こるとされる、ポルターガイスト(騒霊)現象。
  • 誰も存在しない場所や空間から何がしかの音が聞こえてくるとされるラップ現象。
  • 客観的に誰の目でも確認すべく霊などの姿を視覚化させたり、霊の存在を客観的に証明できうる物証を残すことを、一般に物質化現象 などである。

神仏や霊の姿、その存在を示す現象などが写りこんだ写真を心霊写真と呼ぶが、これも心霊現象に含められることが多い。

霊魂とは?

霊魂とは、人間が生きている間はその体内にあって、生命や精神の源とされている、存在・概念・観念のこと。


人間や生物について、その肉体以外の部分の、人格的・非肉体的な存在を言い表す表現である。 霊魂は心と同一視される事もあるが、心を霊体、魂を神魂とする同一視しない考え方もある。

霊魂という表現は「霊」と「魂」という言葉の組み合わせであり、両方を合わせて指している。一般には、個人の肉体および精神活動をつかさどる人格的な実在で、感覚による認識を超えた永遠の存在を意味している。

宗教や文化圏ごとに様々な理解のしかたがある。 古代エジプトの時代から、人が死ぬと肉体から離れるが、肉体に再び戻ってくる、という考えがあった。 古代インドでは、霊魂は何度もこの世に生まれ変わるという考え方が一般的であった。輪廻転生(転生輪廻)の思想である。  「あの世」(霊界)へ行ったり、「この世」(生者の世界、現世)に影響を及ぼしたりすると考える文化・思想も存在している。 また他方、すでに古代インドにおいて、サンジャヤ・ベーラティプッタが来世に関する問いへの確答を避け、不可知論の立場をとった。

霊魂は人や生物の死生観の根源的な解釈のための概念の一つともされる。現代では、霊魂を肯定的にとらえることが、生きがいや健康といったものと深く関係があることが、様々な学者の研究によって明らかにされている。

超常現象とは?

超常現象とは、現在までの自然科学の知見では説明されない現象を指す。


特殊な能力を持つとされる人間が関わっているものや、偶然では説明がつきそうにない心霊写真などの不思議などが含まれる。

超常は、かつて宗教の分野だとされてきた諸現象を自然科学の対象とする上での必要性から生じた超自然の言い換え語なのではないかという指摘もある。

超自然現象は超常現象の元の言い方で、中国語圏や朝鮮語圏では現在でも用いられているらしい。